オリビアの卵


今日は一日中良い天気でした。
景色も澄み、花粉も少なめだったように思います。

さて、本日はオリビアで使わせて頂いている卵の産みの親(?)たちの紹介です!
先日、オリビアがお世話になっている鶏卵農家の方から、ひよこが来たとお聞きしたので、10日(今日)の店休日に合わせて見学をしてきました。

ひよこなのに黒い。みんな黒い。(゜-゜)
それでも可愛い。(^O^)

あっちこっち走り回ってはぶつかったり転んだり、時々足を後ろに伸ばしたり、ころりと後ろにひっくり返ったり。餌を食べたり、水をゴキュゴキュ飲んだり、とにかくじっとしてはおりません。
数日前より更に大きくなっているとの話でした。よく見ると羽が目立って来ています。

ここの鶏は自然な餌を食べ、草を食べ、陽にあたり、風にあたり、土に触れ、飼い主の手に触れます。
これがオーガニック。そう思いました。

個人的にオーガニックというのは人間が人間の都合でつくった旗のようなものだと思っているのですが、自然の命を大切にいただき、そして共に生きていく。一見難しいようで実はとてもシンプルな自然のサイクルのことを自問し始めると、自然に頭の中と心の線がなぜかそのオーガニックな精神に近づくようです。

さて、鶏の紹介やどのくらい美味しい卵かなどをお話するつもりだったのですが、長くなってしまい、
真夜中になってしまいましたので、ごめんなさい、今度にしようと思います。

鶏の卵もひとつの命です。。 Organic Lives Accord
おやすみなさい。ひよこさんもおやすみなさい。
20140310hiyoko

20140310niwatori

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です