How would you like your coffee?


「コーヒー、 ホットで!」
「かしこまりました、お砂糖、ミルクはお使いになりますか?」

カフェでの日常的なお客様とのやりとりです。
ブラックだけでなく、カフェラテやカフェモカと色々な味が楽しめるのもコーヒーの魅力ですね。

今回は、カフェオリビアで使用しているコーヒーの名脇役をご紹介します!

★砂糖(洗双糖):種子島のサトウキビ100%で造られた、化学的精製をされていない粗製糖です。
ミネラルが多く、自然な甘みが特徴です。コーヒーとの相性も良いと思います!

☆シロップ:これからの暑い季節、アイス用のシロップが活躍します。
カフェオリビアでは洗双糖から手作りしています。原料は洗双糖+水です。

★ミルク:カフェオリビアでは、植物性油脂クリーミングの”ポーションミルク”類や加工乳は
使用しておりません。九州産の無調整牛乳のみになります。
※テイクアウトのお客様には、店内で牛乳をご用意させていただいております。

☆豆乳有機豆乳を使用しております。
カフェラテをはじめほとんどのドリンクは牛乳を豆乳に変更できます。お好みで牛乳の代わり
のミルクとしてご利用いただけます。

★ココアソース:カフェモカやココアにはカフェオリビア自家製のココアソースをいます。
有機ココアの美味しさはココアなどでとても引き立ちます!
原料は、オランダ産有機ココア、洗双糖、水です。

How-would-you-like

How would you like your coffee?

<ミニ知識:トランス脂肪酸について>

マーガリン原材料 例:植物性油脂、植物性加工油脂、食塩、粉乳、乳化剤、香料、着色料(カロテン)

常温では液体の油を水素添加という製法によって固体化したもの、マーガリン、ファットスプレッド、ショートニング、またそれらを原材料に使ったパン、ケーキ、などの洋菓子や揚げ物などに多く含まれているトランス脂肪酸については10年少し前から海外では独自の規制を始めたり、注意喚起をする国や地域が増えてきました。

そして、最近ですが2015年6月16日アメリカ食品医薬品局 (FDA)は、2018年以降、トランス脂肪酸の発生源となる油の食品への使用を原則禁止すると発表。FDAは、トランス脂肪酸を「一般的に安全と認められない」と結論付けました。 また、カナダ、デンマーク、オーストリア、アイスランド、イギリス、韓国などでも、トランス脂肪酸の量に関する罰則規定のある行政命令の制定や、トランス脂肪酸の表示の義務化を実施しています。

日本では、現在トランス脂肪酸についての規制化、表示義務化などはありません。
内閣府の食品安全委員会や農林水産省など関係機関が、トランス脂肪酸の健康への影響に関する情報の収集・解析を行っているとのようです。

☆残留する化学合成農薬や添加物同様に、低レベル毒物の蓄積(微量毒物の蓄積)が問題視される中で、トランス脂肪酸についても同様に考えたほうが良いのではないでしょうか。カフェオリビアでは、安全性だけでなく、味覚についても、人工的な油より、エキストラバージンオリーブオイル、エキストラバージンココナッツオイル、純バターなどが格段に優れていると思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です